口臭が生臭い

口臭が生臭い私に効いた、99.7%臭いが消える方法

口臭にも色々あるけど生臭いなら私と同じ方法で撃退できる!

口臭は「内臓の病気が原因」などとよく言われていますが、実は口臭の9割が口内環境によるものなんです。

確かに内臓の病気が原因の場合や、ひどい便秘の場合にも口臭がひどくなる傾向はありますが、少なくとも「生臭い」口臭は口内環境が原因です。

 

口内環境が原因の口臭は比較的治しやすいので、正しい対策をすれば、すぐになくなりますので安心してください。

 

ちなみに私は50代の主婦ですが、娘から口臭が生臭いと指摘されたことで気が付きました。

口臭って、なかなか自分ではわからないのが難点ですよね。

でもきっと、少しだけ心当たりがあったりするものなんじゃないか、と思います。

 

私の場合は、やはり同僚に近くで話をするときなどの相手の反応で、なんとなく気づいていました。

年齢的にも口臭はあるのだろうと思っていて、よく「バラのカプセル」や「ミント系のタブレット」などを飲むようにしていました。

 

でも、娘に言わせれば「そんなものでは生臭い臭いは全然消えない」んだそうです。

口臭が気にならなくなった今思えば、確かにバラやミントのニオイカプセルは口内環境を改善するものではないですから、治らなくて当然と言えば当然ですよね。

 

生臭い口臭の原因はなに?

 

最も日本人に多い口臭は3つあり、3大口臭と呼ばれています。

  • 卵が腐ったようなにおいがする、硫化水素
  • 生臭いにおいがする、メチルメルカプタン
  • 生ゴミのようなにおいがする、ジメルサルファイド

この、科学実験のような難しい名前はすべてガスの名前。

口内環境が原因でガスが発生し、それが基準値を超えるとそれぞれ、「卵が腐ったようなニオイ」や「生臭いにおい」「生ごみのようなニオイ」がするようになるのです。

 

では、口内環境が悪くなった原因は何かというと、

  • 歯周病
  • むし歯
  • 歯垢(しこう)
  • 歯石
  • 舌苔(ぜったい)
  • 唾液の減少
  • 義歯(入れ歯)の清掃不良

などがあげられます。

 

またこの「口内環境が悪くなった原因」で約6割を占めるのが「舌苔(ぜったい)」なんです。

「舌苔(ぜったい)」とは、舌に苔(こけ)のように張り付いた汚れです。

 

私は普段からハミガキをするときには、ついでに舌も磨くようにしていたのですが、うまくできていなかったのでしょう。

 

私の生臭い口臭が、一瞬で消えたものとは

 

まず初めに私が試したのは、ドラッグストアで買える「口の洗浄液」でした。

わりとスーっとするタイプのものだったので、すごく効きそうな気がしましたが、ニオイが消えた気がしたのは「洗浄液のニオイ」が残っている間だけ・・・。

正直、こんなにも苦くてスーっとするのに、それでも効かないなんて私の口臭、そんなにひどいんだ・・・と落ち込みました。

 

洗浄液系は、それ以上試す気にならなかったので、どうしようかと悩んでいいたところ、娘がいいものを探してきてくれました。

スプレータイプで、「口内の雑菌を強力殺菌」し、99.7%口臭を予防できるというのです。

 

このスプレーを購入したときに、娘が、私の生臭い口臭の原因は「口内にある雑菌が原因」だということも調べてくれていました。

 

それまでは原因もわからずに、ただニオイのもとを断ち切ろうと色々と試していた私でしたが、原因がわかってからは、的確なケアがわかって、少し安心しました。

 

娘の用意してくれたスプレーをひと吹きして、少し様子を見ると…恐る恐る娘が口臭の確認にきました(笑)

すると、娘が私に抱き着き、「お母さん!ニオイなくなってるで!全然臭くないやん!すごい!」といって自分のことのように大喜び!

私もすごくうれしくって、そして何より娘がそこまで私のことを考えてくれた事がうれしくて、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

私が購入したときは、1本5,000円くらいしましたが、今はもっと購入しやすくなっていて、定期購入だともっと安く買えるそうです。

 

口臭に99.7%効くスプレー

ホーム RSS購読